ビットコインってどうなの?

投資信託、はじめてみようと決意はしました。他の選択肢はないだろうか?どの証券会社に口座をひらこうか、なんて考えていろいろみていたら、ビットコイン、あれって投資商品でもあるんですね。いままでたま~にニュースとかをみると、なんかいろいろトラブルがらみで扱われていたような気がするけど…なんかものすごい上昇をしていますよね。コインってくらいだからいくらくらいから買えるんだろう?と思ってしらべてみたら、一枚というか、現物はなくてあくまでデータとして、一つ、単位はビットコインというそうです。なので、1ビットコインが50万円ちかくするんです。いくら借金が返し終わってこれから…なんていったって、自由になるお金はマックス3万円くらいですから!およびじゃない!とHPを閉じたかったのですが…値上がり幅がすごいんです。ちょっとありえないくらい。しかも、そんなにメジャーじゃあないですよね。まだまだこれから認知度があがっていくんじゃあないかな。そう思うと、ゼロサムゲームっていうか、株式市場の誰かの益は誰かの損、みたいな世界はまだまだ先ってことですよね。そう思うとなんとかビットコインに投資する方法はないか?さがしちゃいますよね。

そしたら、あったんです。

ビットフライヤーに口座を開けば…(って気軽に口座を開けばなんて自分でも書いてますが、結構ビットコインと証券会社や銀行の口座開設とはシステムが違うみたいで。そのことはあとで詳しく説明します。)ビットコインが1ビットコイン(=1枚)ほぼ50万円だから50万円必要なのか?と言えば、そうではなくて、

0.00000001 BTC (= 1 satoshi)
(※ 最小取引数量は、簡単取引所・Lightning は 0.001 BTC、販売所は 0.00000001 BTC です。)

イーサリアム: 0.00000001 ETH
(※ 最小取引数量は、簡単取引所・Lightning は 0.01 ETH、販売所は 0.00000001 ETH です。)

ライトコイン: 0.00000001 LTC
(※ 最小取引数量も同じ)

ビットコインキャッシュ: 0.00000001 BCH
(※ 最小取引数量は、簡単取引所・Lightning は 0.01 BCH、販売所は 0.00000001 BCH です。)

イーサリアムとか、ライトコインとか、なのことかぜんぜん知りません。すこし調べてみようとおもいます。

上記に表に従ってビットコイン、いくらから買えるのか?試算してみると50万円と仮定すると、0.01BTCは100分の一だから5千円で買えますね!これはかってみたいかも。販売所は0.00000001 BTCってありますが、これは意味がよくわかりません。で、ビットフライヤー、なんとクレジットカードでビットコインが買えるのです。

もう、借金はこりごり。だけど給料だけじゃ夢がないので…投資かな。

いきなりですが、5年半にわたった借金の返済がやっと終わりました。

これを機に、これからはギャンブルは辞め、女遊びは控えて着実な人生を進もうとおもっています。ということで、今、手元に余裕のある資金はないのですが、いろいろ考えています。どこに投資したら、パチンコやバカラみたいなギャンブルじゃあなくて、着実に資産を増やすことができるのか。なんて今日は8月29日の早朝ですが、一人、考えていたら北朝鮮が北海道にむけて「ミサイルを撃った」→「北海道を通過した」とのニュースが続々と入ってきました。続々と言っても、同じ内容を繰り返しているだけですけれども。で、ちょっと気になって為替をみたら、このタイミングで円が買われているんですね!!!ちょっとびっくりしました。北海道に落下したら、もしかしたら政府は北海道への攻撃とみなすかもしれないわけで、にもかかわらず、円が買われるんですね。ちょっとこの動きは予想がつかないです。正直言って、為替、FXというんですかね。これも選択肢の一つにはいってはいたのですが、これは自分には無理かな。このドル売り円買いの予想ができないことに加え、この時間のこういうイベントは、もう、完全に予測不可能ですよね。後になってあの時のなんとかを予測しただれそれなんてアナリストがでてくるのかもしれませんが…

消去法で考えると、まあいいタイミングだったのかな。FXはなしです。有事の円買いなんて200%予測不可能というか、逆に相場張っちゃってる可能性の方が高いです。

残るところ選択肢として検討しているのがビットコインのような仮想通貨と、株式です。ギャンブルの経験から学んだことでもあるのですが、常に儲かるのは胴元なんですよね。で、仮想通貨と株式は、おそらくですが、胴元がそれほど儲からない商品じゃないでしょうか?滑走通貨についてはこれからしらべていこうとおもいますが、株式については、日本中にあった証券取引所とベンチャー向け新市場が東証に一極集中の傾向をつよめていってますよね。で、肝心のその東証がそんなに絶好調かといえば、フラッシュトレーディングとかいって、瞬きする間に取引が成立するような高速トレーディングシステムの導入とかでシステム投資が過去必要で、メンテナンスに加え、必要に応じて将来もどんどん費用がかかる構造に変わってしまったわけですよね。

昔のギャンブル仲間に場立ちをやってた人がいて、結構、親しくなって、いろいろおしえてもらってたんだけど、昔は東証は胴元だったみたいですが、いまや、経営の傾きかけたパチンコ屋と同じだって。

あ、何が言いたいかっていうと、胴元がとりすぎなくなったらいいかなってことです。ナノで、東証であつかっている株。でも個別株は東京電量や東芝の例もあるから、今の私にはすこし怖いんですよね。だから、まずは投資信託を買ってみて、その投資信託の値動きをみることで勉強もしていこうかな、と今のところ結論がでかかかっている感じです。

とりあえず、投資信託 いくらから 買えるのか?手数料はどこが一番安いのか?肝心の品揃えがどこが一番なのか?いろいろなサイトを参考にしながらまずは口座を開いて見様と思っています。